「ヒロシマ」の実話を描いた漫画を出版し、アメリカの学校や図書館に寄贈するプロジェクトにご支援をお願いします。

Last Gaspの目標は、新たにハードカバーの英語版「はだしのゲン(英題『Barefoot Gen』)」を印刷し、より多くの学校や図書館に寄贈することです。

今年は、広島への原爆投下から70周年を迎えます。 昨今、核兵器のもたらす脅威が続く中、その被爆体験の惨状を伝える人々が年々減少しています。

中沢啓治氏は、一般市民に対して使用された核兵器の及ぼした衝撃的な惨状の事実を自身の体験をもとに描いています。それは、多くの人々に読まれるべき重要な書物であり、特に現代の若者達に最も読まれるべきものです。

目的額の36,000ドル(約440万円)に達成した際には、英語版「はだしのゲン」第4巻までを1,000冊ずつ発行し、学校や図書館、または個人向けに寄贈することができます。

「はだしのゲン」 キックスターター

調達期限と目標達成額

2015年9月10日までに、目的額の36,000ドルに到達すれば、4,000冊を印刷し、配布することが可能になります。 費用の内訳は以下の通りです:

  • ハードカバー版用の新デザインにかえる
  • ハードカバー版の漫画を印刷する
  • 支援者に漫画を配送する
  • キックスターター及びクレジットカード利用の手数料

どう支援したらいいの?

1) リワード(報酬)レベルを選択し、支援金をご提供ください。後日、Last Gastより、リワードレベルに基づいて、発行された本を送付します。近隣の学校、図書館に寄贈して下さい。

2) 寄贈先が思い当たらない方は、弊社独自の学校・図書館の一覧や、支援者からご提案頂いた学校や図書館に寄贈致します。

3) 報酬の配送先をご自身以外に希望する方は、下記のサイトから寄贈先を入力できます。 www.barefootgen.net

Last Gasp(ラストギャスプ)とは?

Last Gaspはカリフォルニア州、サンフランシスコに本拠を置く出版社。1970年、最初のアースデイにエコロジーをテーマにした漫画雑誌を出版するために設 立。以降、ペーパーカバー版の英語版「はだしのゲン(英題『Barefoot Gen』)」全10巻を含む、数多くの書籍、コミックス、漫画雑誌等を出版している。Last Gaspは1990年代に「はだしのゲン」の英語版の版権を取得し、以来、同書の出版を継続中。2004年以降、それまでに出版されていた英語版「はだし のゲン」を新たな英語訳で第4巻まで再リリースし、更に続く6巻も発行し、全10巻が完成した。

『Beginnings』 by Raina Telgemeier (author of 『Smile』 and 『Sisters』)

raina1
raina2
raina3

「はだしのゲン」 キックスターター